OLIVE SPA(オリーブスパ) 一緒に働く仲間募集!
採用サイト(新卒・中途)

STAFFインタビュー セラピストを知る

安田さんは、前職は全然違うお仕事をされていたそうですね。

はい。飲食業界からの転職でした。

なぜ、セラピストという職業を選んだのですか?

正確に言うと、セラピストという職業を選んだというより、オリーブスパで働きたかった、というのが本当のところです。もともとオリーブスパを利用していたのですが、接客やおもてなしが素晴らしくて。とてもリラックスできていい空間だなと感じて、私もそういう仕事をしたいなと思いました。そうしたら、3回ほど通ったときにフロントで採用情報を目にして。何の躊躇もなく応募しました。

とはいえ、未経験からのチャレンジは大変だったのでは?

オリーブスパでは未経験でもしっかり研修してくれると聞いたので、不安はありませんでしたね。研修の期間は3ヶ月で、しっかりカリキュラムが決められていて、施術についてイチから学びました。

未経験の方が多いのですか?

多いですね。未経験がだいたい8割くらいです。

研修は厳しかったですか?

これがもう……涙なしでは語れないくらいに最初は辛かったですね。お客様に安心して施術を受けていただけるレベルにならないといけないわけですから。でもこの研修で、利用者としての意識から、おもてなしを提供する側へと、意識を変えることができたように思います。

研修期間はどれくらいですか?

3ヶ月です。もちろん個人差はあって、基準に達しないと卒業できませんが、サポート体制がしっかりしているので、出来なかった場合は先生がマンツーマンでしっかり教えてくれますし、メンタル面でもケアしてくれたので、頑張ることが出来ました。

実際にお店に配属になってからはどうでしたか?

最初にお店に入ったときは、うれしくてワクワクしましたね。オリーブスパは女性だけの職場ですが、活気があって人間関係もさっぱりしています。全員があの苦しい研修を乗り越えてきた仲間という意識もありますから、お互いに思いやりがあって働きやすい職場だと感じています。

お客様と実際に接してみて、どう感じましたか?

施術担当させていただくと、お客様との会話の中で本当にリラックスしてくださっている様子が感じられると、ものすごく嬉しいですね。お客様との信頼関係ってすぐに築けるものではないかもしれませんが、もともとオリーブスパが好きでお店に通ってくださっている方にはその期待を裏切らないように、初めてご利用いただくお客様にも一期一会の精神で、心を込めて、できる限りくつろいでいただけるよう応対しています。

安田さんはいま何年目ですか?

3年3ヶ月です。

これまでに大変だったこともあったのでは?

そうですね。すごく働きやすい職場なのですが、体力的にしんどくなった時期がありましたね。まだ入ってまもなくの頃ですが、夜勤に慣れなくて。そんなときは先輩が気を使ってシフトを組んでくれたりして、そのおかげもあって乗り越えられました。自分がそうやって助けてもらったので、今度は自分が先輩になったときに後輩を助けてあげようという気持ちになれます。スタッフ同士の人間関係が本当に恵まれていると思います。

このお仕事でどんな点にやりがいを感じますか?

お客様との関係が変化していったり、役職をもらったりすると視点が変わっていろいろなことが見えてきたりする点ですね。最初はただ施術をするだけで一生懸命だったのが、お客様に満足いただいて常連さんになってくださると、そのお客様のことがより理解できるようになっていきますから、施術ももっと工夫して喜んでいただこう、という気持ちになります。それに、役職がつくと一個人としてのスタッフ目線ではなくお店のことも考えるようになっていって、解決するべき問題も増えていきますが、それに取り組んでいくことがとてもやりがいがあるなと感じています。

ちなみに今の役職は?

2019年12月からマネージャーに昇格しました。チーフのときは、後輩のスタッフとお店をつなぐ役割でしたが、今は会社や店長の考えをお店のスタッフ全員に伝えていくのが役割です。どんな職場でも、役職が上がるとどうしても立場が会社寄りになってしまうことってあると思うのですが、責任は果たしつつも、やっぱり若いスタッフの意見を聞きたいと思っています。”初心忘るべからず”というか、入社してすぐのキラキラした気持ちを大切にしてほしいと思うので、まずは私が、初心を忘れないマネージャーにならなくちゃ、って。

頼もしいですね。ご自身ではどんな点が成長したと思いますか?

対応力がつきましたね。特に精神的な面ですが、いろんな人の意見や気持ち、考え方を吸収できるようになったなと感じています。例えば、お店を良くしたいという思いが同じだったとしても、立場が違えば意見が合わないことだってあると思うんです。そんなときに、一人ひとりの意見を聞いて、バランスよくみんなの意見を吸収して落とし所を探れるようになってきました。以前の私は自分の価値観にとらわれて、こうじゃなくちゃいけないと思う点がいろいろあったのですが、様々な方と関わるようになって価値観の幅が増えたなと感じています。

いまご自身の課題となっているのはどんなことでしょうか?

技術の維持ですね。マネージャーになってフロントに立つ機会が多くなると、どうしても電話対応やお客様との施術以外のやり取りが多くなって、施術をする機会が減ってきます。施術の機会が減っても技術は維持できたらと思いますね。あとは発信力です。マネージャーという役職を頂いている以上、それに見合った立ち居振る舞いが必要ですし、マネージャーとしての自覚を持って様々なことを伝えていけるようになりたいです。

この先はどんなビジョンを描いていますか?

まずはマネージャーという立場で頑張ることです。ゆくゆくは店長も視野に入れつつ、愛情のある、思いやりのあるお店にしていきたいです。一人でも多くのスタッフに、ここで働いていて良かったと思ってもらえるお店作りをしたいですね。

それでは最後に、これから入社する方へのメッセージをお願いします。

私は未経験から入社しましたが、施術やコミュニケーションでお客様に「こういうことをしてさしあげたい」と思ったことが叶う会社です。悩んでいたらまず面接に応募してみてください。若いうちから意見も通りやすいと思います。やる気がちゃんと採用される会社ですから、ぜひオリーブスパで貪欲に成長してほしいですね。